高収入が期待できる

若くして管理職を目指せる企業も多い

外資系転職を志望する理由は人それぞれですが、実力主義の風潮がある企業においては、若くして管理職を目指せることもあり、高収入を希望する社会人にとって理想的な職場として位置づけられるようになっています。最近では、性別や年齢、過去の経歴などにかかわらず、職場内での成果だけで社員の評価を行っている外資系企業の数も増えており、ポテンシャルの高い人にとって絶好の環境が整っています。そうした中、将来を見据えて外資系転職を果たすにあたり、複数の外資系企業の評価基準を把握したり、各現場で活躍している社員の特徴を調べたりすることがおすすめです。また、時間があれば求人票をチェックするだけでなく、志望企業が開催するセミナーや職場見学会などの機会を利用するのも良いでしょう。

海外勤務を経てキャリアアップを図ることもできる

収入の面に魅力を感じて外資系企業への転職を考えている人は多くいますが、将来的に管理職として力を発揮するには、海外勤務のチャンスが恵まれている企業を探すことがポイントです。世界中に多くの支社がある外資系企業では、中途採用者を対象に数年の海外駐在を義務付けているところもあり、働きながら様々な国や地域の事情を把握することができます。また、人材育成に力を入れている外資系企業を選ぶことで、単に特定の分野のスキルを磨くだけでなく、管理職として必要な部下の指導やメンタルヘルスマネジメントなどの能力を高めることも可能です。なお、外資系企業の管理職の収入額は、勤務先によって大きく差があるため、求職中から各企業の年収のモデルケースに目を通しておくと良いでしょう。