成果重視なので収入が減る可能性も

成果がでなければ収入が減る

外資系の特徴に成果重視がありこれはメリットであると同時にデメリットにもなります。成果を上げることができる人であれば、それに見合った報酬を得られる代わりに、成果が出ないのであれば報酬がでないということです。日本の企業であれば会社に莫大な利益を与えたとしてもその見返りが小さい代わりに、会社に貢献をしていなくても一定の給与が振り込まれますから、優秀な人には不利で平凡な人には有利な仕組みになっています。外資系はその逆で完全なる実力主義であるため、実力がある人であればいくらでも収入を増やすことができる一方で人並みだと収入もそれなりということになります。稼げると思って外資系に転職をしても、思うように成果が上がらなければ収入が減る可能性があることを覚えておきましょう。

収入がゼロになってしまうことも

日本の企業は雇用が安定しているので、給料がポンポン上がらない代わりによほどのことがない限りは解雇されるようなことはありません。外資系は成果がでないと給料が増えないどころか解雇をされてしまう可能性もあるので、収入が減るどころか完全にゼロになってしまうこともあります。日本の企業であれば会社にしがみつくことはそれほど難しくありませんが、外資系はしがみつくことも許されないため収入が減るだけで済まないことがあるのも覚えておきましょう。実力こそがすべての世界であるため、成果を残せばそれに見合った待遇を得られますが、残すことができなければ収入は減り最悪のケースでは収入源そのものを失ってしまうことがあります。