各国の文化について知ることができる

外資系という目に見えない心の壁

外資系への転職を考えた時、語学力がないと転職できないと決めつけ、心に外資系は無理という目に見えない壁を作ってどうしても一歩踏み出す勇気がでないなら、ちょっと考え方を変えてみましょう。外資系でも語学力は重要視していなかったり、抵抗がなければ大丈夫という場合もあったりするんですよ。例えば、事務での仕事は社内作業になるので日本語だけでも大丈夫なこともあります。すると、日本で事務をして働きながら、語学力を身に着けることだって自分次第でできたりします。日本に来ている外国人は日本語も個人差はありますが理解されている人が多いのでコミュニケーションをうまくとることで、異文化を知り自分の世界を広げていくことができますね。せっかく外資系に転職できたのなら積極的に自分をアプローチしていけるようにしましょう。

異文化を知って日本を改めて知る

それでは具体的に外資系での転職でどんなメリットがあるでしょうか。まずは先ほど述べた語学力を身につけることができます。これは海外旅行でも使えますし、今後の日本と海外との関わり方を考えると大きなメリットです。次に異文化を知ることができますね。特に大手の外資系企業では採用している人の数が多い分、国も多かったりするので多様性を肌で体験することができます。例えば、ビジネスの場に着ていく服やランチの取り方、また使っている文房具など日本とは全く違うものがあったりして、このようなことを目にしていくことで自分の世界を大きく広げることができます。各国の文化を知ることは日本の文化も改めて考えたり、また知ることにもつながります。外資系への転職は大変なこともあるかもしれませんが、その分メリットや得られるものも多いのではないでしょうか。